2007年05月05日

★ 一周忌 ★

2006年5月5日AM2:00、PENNYは虹の橋を渡った・・・。
享年11歳・・・。
早すぎる死ではなかったけど、もっと一緒に居たかった・・・。
いっぱいいっぱい思い出をつくりたかった・・・。

幼い頃から心臓に若干の雑音があったものの、2006年の2月までは
大きな病気もせず、元気に走り回ってたよね。

1995年4月15日、PENYYはこの世に産まれた。
その当時私はMダックスが飼いたくて、毎週ペットショップに通い良い仔がいないか探していた。
ショーウィンドウの個々の部屋にいろんな犬種がいて、Mダックスはとても可愛く思えた。
でも、一際可愛い犬種を発見!!
キャバリア・キングチャー・・・・??
犬種名が憶えられなかったけど、一目惚れだった。

ブリーディングを経営しているお友達のお宅に問い合わせをしたら
「2匹産まれてますよ〜」
早速、見学に行ったよ(見学というより飼う気満々で向かった私♪)

そこに居たのが★PENNY★
2匹とも男の仔で私が選んだのは白毛の多い大人しい仔。
でも友達に「元気のある仔のほうがいいよ」と言われ、茶毛の多い活発な仔に変更。
小さなゲージの中で必死になって外に出ようとする姿が可愛かったなぁ・・・。
その場で購入決定!!
翌日、我が家の仲間入りをしたね!

PENNY1.JPG


PENNY2.jpg PENNY3.JPG 

自分の給料で初めて購入したワン仔。
嬉しさとは裏腹に忙しい日々が続いてた気がするよ。
仕事から帰ってくると部屋はすさまじい状態!!
布団にオチッコ、ゴミ箱をあさり、ティッシュは散乱・・・
「毎日大掃除」の日々だった。

そんなある日、突然食欲がなくなり元気もなくなったよね。
初めてのことでビックリした私はすぐに病院に連れて行ったよ。
そしたら先生が「お留守番になることは多いですか?」
「これは飼い主さんが側に居ないことによるストレスですね」だって。

(なんて甘えん坊な仔なんだ!!)とホッとしたよ〜。

PENNY4.JPG   PENNY5.JPG

そりゃ〜、どこに遊びに行くにもいつも一緒。
車内でお留守番させても、窓をガリガリ、クラクションをビ〜ィビ〜ィ
鳴らしてしまう根っからの甘えん坊。

海や川、友達とキャンプに行ったり・・・
私の青春の思い出にはPENNYが欠かせなかった。

PENNY6.JPG   PENNY7.JPG   PENNY8.JPG


そんな甘えん坊のPENNYも私に子供が産まれ、はじめて見る赤ちゃんに興味津々で焼きもちも焼かないで子供たちのお兄ちゃんをしてくれたね。

時にはGOのオヤツを横取りしようとしたり・・・PENNY9.JPG   PENNY10.JPG

GOのお昼ねタイムの時は添い寝してくれたり・・・

PENNY11.JPG   PENNY12.JPG

3兄弟で仲良くお昼寝してた時もあったね

PENNY13.JPG   PENNY14.JPG

子育てにいっぱいいっぱいだった為、気が付けばPENNYも10歳に・・・
急に白髪が増え始め、「オジイチャンになちゃった」と実感。
この頃は、お別れの日が迫っている・・・なんて考えもしてなかった。

そしてこの写真の1ヵ月後、宣告されました。

PENNY15.JPG   PENNY16.JPG


2006年2月に入り、突然!!おかしな咳をし始めた。
先生に診てもらうと、
「かなりの重症です。いつ心臓が止まってもおかしくない状態です。」

私の心臓が止まりそうだったよ・・・。

それからは急激に症状が悪化して、軽い発作から重度の心臓発作に・・・
自宅に酸素テントを置き、いつ何が起こるかわからない
ヒヤヒヤな毎日でした。

肺水腫にもなり毎日利尿剤を飲んで、喉が渇いても水も制限され、
PENNYにとって辛い毎日が続きました。

日に日に体力が衰え、最期を迎える1週間前からは20センチの段も
上がれなくなっていたね。
昔は私の側に居たい一心で、ゲートを越えてきちゃうくらいの
ジャンプ力があったのに・・・

なんとか11歳の誕生日を迎えられたけど、その頃は、平地でもつまずいてしまうほど衰えてしまっていた。
散歩の大好きなPENNYが途中で歩けなくなるまでになってしまっていた。


そして2006年5月5日 2時少し前、心臓発作が起こった・・・。
突然倒れ、オシッコを流し始め、「パパ、PENNYが・・・!!」
慌てて酸素テントに運び込み、酸素吸入。
様子を見ようと目を離していたほんの数分の間に呼吸をしていないことをパパが発見。
深夜にもかかわらず慌てて病院の先生に電話をした。

パパがPENNYの胸の辺りをゲンコツで何度も叩く・・・反応がない・・・
次第に舌が出始め、ピンク色だった舌が青ざめていく・・・

電話の向こうで先生が「残念ですが・・・お線香を添えてあげてください」

この状況を私は把握できなかった。

こんな一瞬にして心臓と言うのは止まってしまうものなのか?
まだ可能性はあるんじゃないのか?

しかし、突然の出来事にパニックになった私は何も出来なかった。
ただ呆然とPENNYを見つめていた。

PENNY17.JPG   PENNY18.JPG

今にも起き上がってきそうなやさしい顔で眠るPENNY。
3ヶ月の闘病生活はPENNYにとって本当に苦痛の毎日だったと思う。

その苦痛から開放されて、きっと今は虹の橋の向こうで元気に走り回り、
美味しいものいーっぱい食べてるんだろうね♪

私の初めての子供であり、良き友だったPENNY。

PENNYからもらった幸せは、言葉や文では表せないほどありすぎるよ。
私はPENNYにどれだけの幸せを与えてあげられたのかな?
いつか私が天に昇った時、その答えを教えてね、PENNY。

そして雲の上を一緒に走り回ろうね★

PENNY19.JPG


改めて伝えたい・・・

       あなたに逢えて、本当によかった・・・。
        
       にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






ニックネーム ラブPENNY at 02:46| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラブPENNYさんのPENNYちゃんへの気持ちが胸をギューっと締め付け、目頭が熱く成ってしまいました。
ミクもアイルも、あと十数年すれば・・・避けて通れないんですよね!
それまでの間に、沢山の愛情をそそぎ、そして幸せを沢山貰って、思いでも沢山作りたいと思います。
ラブPENNYさんが我が家のブログに来てくださったのは9月頃でししょうか?
悲しみと、苦しみを乗り越えてきてくださったんですね!
きっと元気に成ったラブPENNYさんを天国から見て喜んでいると思いますよ!
Posted by MIRU at 2007年05月05日 20:34
いつかは迎えなければいけない我が子との別れ。
その日のことを考えると、とってもとってもつらいけれど・・・
PENNYちゃんとラブPENNYさんの思い出の写真を見ていたら、なぜだか心に心地よい優しい風が吹きました。本当に「いつも一緒。」だったんですね。

PENNYちゃん、ママから愛情をいっぱいもらって
天国でも幸せ一杯に走り回っていることでしょうね。
Posted by スーさん at 2007年05月05日 22:39
おいらは昔、犬を飼っておりましてね。
ペットを飼うこと、いや、命あるものとの出会い。
それは、必ず訪れる別れが保証されたスタートライン。
おいらは、今ペットを飼っていません。
世話をする手立てがない。それが一つの理由。
それよりも大きな理由。。
それは、いつか訪れる別れへの恐怖です。
それが正しいとか間違っているとかじゃないけど、
こんな僕にはペット飼う資格はあっていいのか・・・。
別れを承知した上で、でも、その生を一緒にまっとうできる喜びの方が、その瞬間訪れる悲しみよりも後に勝る。
人間同士の出会いもそう。
でも、あなたに会えてよかった。
それが、すべてです。
そう感じあえる仲。
PENNYもきっと、あなたに逢えて、本当によかった・・・。
と思っているはずです!!

Posted by 乗男 at 2007年05月06日 01:31
いつかはお別れしないといけないと分かっていても、
いざその時が来ると、たまらなく辛いものですよね。
でも、愛情いっぱいに育ててもらって、きっと幸せだったと思います。
私もいつかは、まろんとのお別れの時が来ます。
そうとう辛いとは思いますが、ああすれば良かった、あんな所に連れていってあげれば良かったと、後悔しないように今から一生懸命
愛情を注いでいきたいと思います。
Posted by まろまろ at 2007年05月07日 15:04
初めまして..
私も去年の9月16日に、最愛の家族を亡くしました。
PENNYちゃんと同じ11歳..1995年7月24日生まれでした..
お気持ちは、充分分かります。
PENNYちゃんのお写真を拝見して、涙が溢れて来ました..
元気(亡くした家族)と同じような体型、被毛..お顔..
たくさんの愛をありがとう..
たくさんの思い出をありがとう..
そして、一緒に歩んで来た時間にありがとう..

私は未だに、元気と一緒に生きています。
Posted by sachirin at 2007年05月11日 00:39
追伸..
私も今、二代目の勇気と言うキャバを飼っています..
この、ランキングに参加しています。
Posted by sachirin at 2007年05月11日 00:42
PENNY・・・。そっかー、あれからもう1年が経つのかあせあせ(飛び散る汗)PENNYの懐かしい写真が昨日の事みたいだったよ虹
私も初めてPENNYを見た時、超〜カワイイハートたち(複数ハート)って思ったよ顔(笑)ホント、一緒に色んなとこに行ったよね〜車(セダン)
PENNYが家に来た時からずっと知ってるだけに、私のショックも大きかったよ・・・バッド(下向き矢印)
初代のポポちゃんが逝ってしまった時の事を思い出し、ブログを読みながら泣いてしまったもうやだ〜(悲しい顔)
私もPENNYとの思い出がいっぱいあるなかわいいマジで甘えん坊だったし、元気だったよね〜犬(足)
 私もPENNYに伝えたい・・・

           私の1番の親友を
     支えてきてくれて、励ましてきてくれて、
           勇気を与えてくれて、
          本当に本当にありがとう・・・
  
Posted by なおみ at 2007年05月12日 19:24
はじめまして。
あんずちゃんの親戚にあたる者です。

PENNYちゃん11歳だったんですね。
最後までよく頑張りましたねPENNYちゃん。
ゆっくり休んでくださいね。
雲の上でも沢山 沢山 遊んで
御友達作ってね。

また遊びに、寄らせて下さい。
宜しく御願い致します。
Posted by こま妻 at 2007年05月29日 00:10
ラブPENNEYさん、お久しぶりです。
ぜんぜんオジャマする事ができず・・ごめんなさい。

そして、PENNYちゃんのお話・・涙が流れました。
11年の間には、いろいろありましたね。
結婚、出産、育児・・・と、その時に必ず側にいてくれた
PENNYちゃんへの愛情は深いものだったと
感謝の気持ちでいっぱいなのが、本当に伝わってきました。
自分達が天国へ行けるよう日々生活しなくちゃいけないですね^^
天国で再会した時、出掛けて帰って来た時のように
尻尾をブンブンッ♪と迎えてくれたらいぃな・・と
思っているHinamiです。

Posted by Hinami at 2007年06月03日 18:35
http://www.biotechcgi.com/ 出会い放題-出会える出会い系サイト-
http://www.aec-dk.com/sefure/ ご近所のセフレ探し-秘密のセフレ探しサイト
http://www.mb-friends.net/ セフレ伝説-セフレ探し専門サイト-
http://www.aec-dk.com/merutomo/ ご近所のメル友探し-無料メル友探しサイト-
http://www.hi-tech-reno.com/merutomo/ 素敵なメル友探し-ピュアなメル友探し-
http://www.aec-dk.com/ ご近所の人妻探し-人妻専門出会い系サイト
http://www.mb-deai.net/ 人妻DX-人妻との出会い-
http://seo-mobi.net/ninjajan315/ 人妻出会い-人妻出会い専門サイト
http://www.hi-tech-reno.com/ 素敵な恋人探し
http://seo-mobi.net/jk/ 女子高生!-女子高生専門サイト-
http://www.sugudeai.com/ 出会い系案内所-出会い系ポータル-
Posted by 出会い at 2008年12月26日 11:25
出会い系サイトhttp://www.deai-k.net/deai/ 人妻祭り
無料メル友出会いはメル友http://www.aunet.biz/merutomo/ スウィーツへ
援助交際http://sangurasu.kir.jp/ch/enjokousaihime/
出会い系サイトhttp://deaikeisite.858.jp/ で人妻
セフレ出会いなら-グラップラーセフレhttp://www.dvdbloopers.com/
Posted by メル友 at 2009年02月26日 10:59